第50回大阪民医連 看護・介護研究集会

第50回大阪民医連 看護・介護研究集会 開催
演題募集要項

はじめに

地域なかまとともに歩んできた軌跡
~泣いて笑ってささえあう明日への一歩~」


第50回看護・介護研究集会
実行委員長 堺 磨理子

大阪民医連看護介護職員のみなさん第50回大阪民医連看護介護研究集会の演題募集の時期になりました。前回の研究会以後も、患者さん、利用者さんに寄り添った看護介護の実践が繰り広げられたのではないでしょうか。是非多くの経験をお寄せ下さい。
 この生きにくい世の中で、私たちが見失ってはいけないものは「民医連綱領」です。綱領の役割は、よく羅針盤に例えられ、実行委員の中でも読み返し、学習しました。「すべての人が尊重される社会をめざす」とあります。私たちは、SDHの視点で患者を捉え力を合わせて活動していかなければなりません。この看介研で多様な実践に触れ、交流しましょう。
 今回のテーマは、医療・介護職として、これからも元気に歩んでいきたいという思いから「地域なかまとともに歩んできた軌跡~泣いて笑ってささえ合う明日への一歩~」としました。
ポスターは、私たちが歩んできた50回の軌跡をモチーフにこれからの未来へ手を携えてGOの意味が込められています。
 記念講演は、川崎協同病院 外科部長の和田浄史先生にお願いしました。和田先生は、外科医として勤務され、終末期医療や在宅医療も担い地域の健康を守りながら続けられている医師です。患者のニーズに応えていくには医師だけでなく多職種との連携や、時には行政にも働きかけ、サポートしていく姿勢が大切であるとお話されています。患者、家族、医療者とチームを組んで民医連医師として歩んでこられた軌跡について元気になるお話を聞くことができると思います。
 学習会は、日頃の看護・介護実践から見える民医連らしさ、仲間(地域、職員)と共に歩んできた歴史を振り返り、民医連の看護介護の歴史を大先輩たちに聞くことによって、これからの未来に看護・介護職としてどのようなことができるのか考えたいと話し合いました。
 50回を記念し、トートバッグを作成しました。みなさんたくさんのご応募・ご参加をお待ちしています。