大阪民医連紹介

第2次世界大戦後、医療に恵まれない人々の要求にこたえようと、地域住民と医療従事者が手をたずさえ、民主的な医療機関が各地につくられました。全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は、これらの連合会として1953年に結成され、大阪でも、同年に大阪民主医療機関連合会(大阪民医連)を結成しました。以後、半世紀以上にわたって地域の人々にささえられ、身近な医療機関として活動しています。

医療制度を改善する運動もすすめ、「いのちは平等である」との考えから、『差額ベッド料』はいただいていません。また、地域の要求から介護・福祉分野の活動も活発に行っています。

現在、大阪民医連には、4つの病院、49の医科系診療所、7つの歯科事業所、2つの老人保健施設、22の訪問看護ステーション、33の保険薬局、そして1つの看護専門学校などの医療・看護・介護の事業所が加盟しています。

5千人を超える大阪民医連の職員と医療生協組合員や病院・診療所の友の会会員約33万人の方々が、ともに保健・医療・福祉の総合的な活動、安心して住み続けられるまちづくり運動を進めています。